過払い金請求に関する注意点

      

近年、CMなどで耳にする事も多いのが過払い金請求です。
利息制限法で定められた以上の金利、いわゆる「グレーゾーン金利」を支払った人が、払いすぎた利息の返金を請求できるというものです。
思いがけない形でまとまった金額が戻ってくる可能性もありますが請求する際には何点か注意事項があります。
一番大切なのは、過払い金請求の手続きを依頼する際にA社に借金が残っている状況を隠してB社に過払い金請求は出来ないという事です。
これは法律で定められている事ではありませんが、全国の弁護士が必ず加入する日本弁護士連合会(日弁連)が
「債務整理事件処理の規律を定める規程」で上記を規制しています。
この為、過払い金請求をする際に他社にも債務がある場合は必ず同時に債務整理を行います。
過払い金請求だけではブラックリスト(信用情報機関への登録)はありませんが、債務整理を行うとブラックリストに登録される事になります。
もう1点の注意事項は、過払い金請求には時効があるという事です。
完済日から10年が時効として定められています。
借金をした当時の契約書等を処分していて何年たったか判らない場合は、弁護士や司法書士に依頼すると調査を受任してもらえます。
その際、もしも引き落された日付が載っている預金通帳や明細書が残っていれば、依頼の際に持参するとスムーズです。



関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です